リップルのライバルとなる?アリババがブロックチェーンを利用したクロスボーダー送金サービスを開始。

Alibabaの決済部門であるAnt Financialは、スタンダードチャータード銀行とGCashと協力して、ブロックチェーンを利用したクロスボーダー送金サービスを開始しました。




最初の送金はAlibaba会長のJack Ma氏の発表でされました。

処理には通常は10分〜数日かかるものですが3秒しかかかりませんでした。

このサービスは、ローカル転送と同じくらい効率的であるとも言われていましたが、24時間休みなしのサポートとコスト削減が追加されました。AlipayとGCashは、それぞれの国で初めてサービスを開始します。

Jack Maはまた、Twitterに最初のユーザーと写真を投稿しました。問題の写真はAnt FinancialのTwitterページに掲載されました。ユーザーは海外のフィリピンの労働者であるMary Grace氏でした。

ビットコインとブロックチェーン

興味深いことに、Jack MaはBitcoinをバブルとみなしています。彼はブロックチェーンテクノロジを信じており、しっかりとサポートしていますが、Bitcoinはバブルかもしれません。ブロックチェインはそうではないと何度も述べています。

このことについて、Jack Ma氏はブロックチェーンは「一晩の富」の技術ではなく、データのプライバシーと所有権の問題に対処し、持続可能な発展を可能にし、社会問題を解決する必要があると述べました。同氏はまた、このサービスが6カ月間稼動しており、香港の運営に続いて世界的な拡大がすぐに続くと述べました。

「現時点では、世界に銀行口座を持たない17億人の人々がいるが、ほとんどの人は携帯電話を所有している。ブロックチェーンが人類の未来に及ぼす影響は、私たちの想像をはるかに超えているかもしれません。

機械学習とIoTに直面しているブロックチェーンに直面して、特にIoTが製造業に及ぼす影響が想像をはるかに超えているため、高いレベルの理解が必要です。

小売売上高に関する電子商取引、および多くの小売売上高が含まれます。業界は準備されていません。我々は人工知能を求めている。私たちはIoTを求めます。私たちは、私たち一人一人に大きな影響を与えるブロックチェーンを求めています。」

あのアリババがブロックチェーンを利用したクロスボーダー送金サービスを始めます。リップルのライバルになるのでしょうか?

記事をシェアしてあなたの意見をSNSで教えてください^_^