中国はリップルの顧客にLianLianのカード決済の合同会社のAmExに承認を与える

リップルは中国の電子商取引市場に参入することに成功しました。





この承認により、AmExは中国の電子商取引市場に直接アクセスできる最初の米国決済会社となりました。

中国の承認により、AmExは、合弁会社:LianLian Group(リップル顧客)を使用して、元の支払いおよび取引を解決する機会を得ます。

AmExは、VisaとMastercardのようなグローバルな支払いプラットフォームです。

同社のJV(合弁会社)であるLianLian Groupは、今年初めに RippleNetと提携し、中国の電子商取引市場へのより迅速なグローバル決済サービスを提供しました。

このベンチャーは、現在中国で登録ユーザー数が約1億5000万人に達したライセンス会社です。

LianLianは、リップルブロックチェーンを利用して、中国の電子商取引を決済します。




それだけでなく、LianLian Groupは現在、RippleのxCurrentを使用して中国の国境を越えた支払いを解決しています。

興味深いことに、中国は昨年、約627億ドル以上の電子商取引市場を伸ばしています。

この国への国境を越えた支払いは今年1兆3200億ドルに達すると推定されています。

ICO、仮想通貨、および外国のカード決済プラットフォームに対する中国の厳格な政策の結果、中国の市場参入のためのAmExの決定は大胆な一歩となっています。

外国のカード決済会社に対する中国の厳しい政策に関しては、Visa、MasterCardなどの企業は、現在循環型カードで約60億枚の中国の電子商取引市場に10年以上勤めており、その数は2020年には100億人増えると想定されています。

これまで、中国のすべての外国カード会社は、UnionPayと呼ばれる既存の独占コンソーシアムと協力するように強制されていました。

しかし、リップルのパートナーであるAmEXは、UnionPayなしで働く最初のペイメント会社になりました。

承認に関して、中国の中央銀行は、これが、中国の銀行カード市場を外国人投資家に公開するための重要な一歩だと述べました。

中央銀行はまた、最近のストライドが、他の支払い機関のために整理された方法で、同国の電子商取引市場を緩和するだろうと考えています。

今回の承認は、リップルネットが中国の国境を越えた支払いと決済に最優先であることを意味します。

LianLian(AmExベンチャーグループ)はRippleNetと提携しているためです。




また、AmExはRippleのブロックチェーンテクノロジを使用してカード支払いを処理することを意味します。

また、AMEXとLianLianは正式にRipple xCurrentの顧客ですが、マルチホップを使用してxCurrentに接続できるものがあります。

そのため、近い将来xRapidに接続できる可能性もあります。

RippleのxCurrentとxRapidはRippleNetの製品です。xCurrentは、国境を越えた取引を解決するために主要金融機関によって使用されるソフトウェアです。

これらの支払いが完了した時点で追跡するためにも使用されます。

一方、xRapidは、流動性コストを最小限に抑えたいと同時に、より良い顧客体験を提供したい金融機関を対象としています。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

リップル(XRP)がAmazonアレクサで使用できるようになる!?

2018.11.08

リップルのXRP対応の決済製品xRapidを使用するパートナー7社とは

2018.09.25