インドの国営銀行がクロスボーダー送金を容易にするためにリップルの採用を検討

リップル社は非常に積極的であり、xCurrentおよびxRapidなど資金移動ソリューションの幅広い採用を推進しています。





リップルは、最近、 インド市場の少なくとも50%が契約の下にある可能性がある と報告しました。

海外の金融アナリストのニュースサイトによると、 インドの国営銀行はリップルの金融ソリューションの採用を検討しています。

銀行は、国境を越えた送金にかかる時間やコストを短縮するつもりです。

インドでのリップルの存在は急速に拡大しています。

Kotak Mahindra Bankは、RippleNetに1,300の支店を追加する予定であると発表しました。




インドの金融部門もまた、昨年、少なくとも690億ドルに上るほか、巨額の成長を遂げています。

リップルは、同国のパートナーシップに取り組むために、2017年にムンバイに事務所を開設しました。

リップルのCEO、ブラッドガーリングハウス氏は、インドでの彼の会社の活動についてコメントしました:

インドへの送金サービスを改善することは、手数料が少なく、家に送金される資金に頼る家族にとってより多くの金を意味する…この傾向は、国内外の決済業者と銀行間で増加しており、送金の機会をさらに強調するインドは世界中から。

こちらの記事もオススメです^_^

リップルの仮想通貨XRPを追加するアメリカで認可されたマネーサービス(決済)PayBis!

2018.07.16

リップルの仮想通貨XRPの価格が年末までに10ドル突破と多くのアナリストが予想している理由とは?

2018.07.11