仮想通貨 リップルのCEO「26マイルマラソンでいうと、まだ1マイルだよ」XRPを銀行が使う理由。

仮想通貨のリップルのCEOのBrad Garlinghouse(ブラッドガーリングハウス)は2018年のStifel Cross Sector Insight Conferenceで講演した。グローバル決済プラットフォーム、リップルのCEOは、ブロックチェーンと仮想通貨業界の現在の状況に再び目を向けた。

リップルCEO「ブロックチェーンが銀行を混乱させない」

リップルのCEOはStifelのTech Analystの1人、Lee Simpsonによるイベントでインタビューを受けました。リップルのCEOは、インターコンチネンタル・ボストンの大勢の人前で語った。ストリート氏は、現在のレベルの「ブロックチェーンの狂気」を認め、「システム」の進化において重要な一歩となることを認めたと報告した。彼は最終的に技術革新の混乱の可能性を否定していました。

ビットコインはみんなが考えるような万能薬ではない

明らかに、リップルのCEOは自社のトークン(仮想通貨 XRP)は、国際的な解決の面でより有用であると考えている。彼は群集に、XRPは「流動性が将来管理される方法」であり、「決済のための最良のデジタル資産」と表現していると語った。その後、リップルのCEOはBTCとXRPの平均取引時間を述べた。彼は演説のイベント会場で「XRPの取引はわずか4秒で完了できる」と語った。

銀行にとってより魅力的

銀行は効率的で安価なものを使用する。そしてより良い製品をより良い価格で提供すれば、彼らはそれを使用するでしょう」

それに関連して、リップルの代表はオーストラリアの銀行との取引についての話をした。エグゼクティブによると、銀行の最高経営責任者(CEO)は、リップルとXRPを作成するときに彼がした最高のことは、「ビット」と「コイン」の両方をその名前の外に残すことだと語った。

インタビューの中で最も興味深い部分は、リップルのCEOが再びビットコインに対処したときだったと思われます。彼はそれが「中国に本当に支配されている」と主張し、これは主に過小報告の話であると主張した。

「中国の4人のマイナーがビットコインの、50%以上を支配している」

リップルの代表にとって、これは商業的成功のビットコインの可能性を疑う理由です。彼は自分自身に答える前に中国が支配している通貨を使うという国の望みに疑問を呈した。

しかし、リップルのCEOは、デジタル資産についての彼の見解が通貨であるにもかかわらず、ビットコインをまだ所有していると言いました。彼はビットコインの役割が「デジタル・ゴールド」の方に適しているといった。

最後に、リップルのCEOは、暗号化通信と仮想通貨の開発の初期段階にあると感じていると言った。

26マイルマラソンで例えると、私たちの位置はまだ1マイルだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です