リップル(XRP)xRapidとアリババ(アリペイ)とGCashとスタンダードチャータードはパートナーなの?

世界最大級の電子商取引プラットフォームの1つであるAlibaba(アリババ)は、支払いシステムを改善するためにブロックチェーン技術の採用を発表しました。





世界中のオンライン小売業者に直面した最大の課題の1つは、クロスボーダー支払いの問題です。

これらのビジネスは、クレジットカードやデビットカードなどの集中型決済システムや、金融仲介業者を通した他の決済モデルに依存してきました。

しかし、ブロックチェーンテクノロジや暗号化の流れが始まると、そのような支払いをより迅速かつ効率的に行うためのアプリケーションに多くの関心が寄せられています。

リップルとの関係性は?





今週の最も注目された事の 1つは、アリペイ(Alipay)、Gcash、Standard CharteredとRipple(XRP)の関係についてです。

明示的に確認されていませんが、アリババが最近発表した新しいブロックチェーンベースの送金システムはRippleをベースにしていると推測されています。

アリババは、支払いサービスAlipay Hongkongを通じて、GcashとStandard Charteredとの提携により、フィリピンと香港の間の資金送金にかかる時間を3秒に短縮できるデモを完了しました。

送金サービスのための最初のブロックチェーンベースの電子walletを介して送金が可能になりました。

このシステムにより、3者(Alipay、Gcash、Standard Chartered)はすべて、効率的に共有レジャーで作業を行い、Standard Charteredは決済銀行として機能します。

スタンダードチャータードでは、クロスボーダー取引を円滑に進めるためにRippleネットワークを既に採用しています。

この銀行は、いくつかの通貨ペア間の取引を可能にすることから始め、リップルネットワークの使用を拡張することによって、2018年末までに最大5つのペアをさらに提供するように取り組んでいます。

プラットフォームは、競争の激しい為替レートを用いて、迅速かつ競争的に価格設定された取引を可能にします。

パートナーとは言えない





Standard Charteredのリップルネットワークの使用は、アリペイとGcashのパートナーシップがリップルにも基づいていることを保証するものではありません。

XRP xRapid台帳は、リップルネットワークに限定されるものではなく、異なるブロックチェーンに対応するために建設されました。

アリペイは、それ自体のブロックチェーンの作成を容易にするために、140億米ドルを上限に設定していたと以前言及されている。

XRPのクロスブロックチェーン機能により、アリペイの送金システムは、XRP元帳を介してリップルネットワークとのみ相互作用する独自の内部ブロックチェーン上で実行される可能性があります。

したがって、アリペイがリップルと提携している可能性は低いです。

パートナーシップは、AlipayとGcashの間で、RippleのXRP元帳を利用して両者間の決済を容易にするチャーターを行う可能性が高くなります。

これらの企業間のパートナーシップは、携帯電話を持っているが銀行口座がない17億人以上の人々のための機会を作り、金融サービスへのアクセスを増やすことが期待されています。

今までは金融機関によって提供されている銀行サービスの代替手段と見なされてきました。

しかし、アリペイとGcashの送金システムにおけるStandard Charteredの役割は、金融機関がブロックチェーン技術を活用して機能を拡張し、市場におけるリーチを広げる方法を明確に示しています。

リップルとアリババはライバル関係なのでしょうか?あなたはどう思いますか?この記事をシェアしてあなたの意見をSNSで聞かせて下さい^_^