リップルはAmazonと2018年に提携?その時XRPの価格はどうなる?

数多くの仮想通貨の中でも主導的なリップル(XRP)

リップル(XRP)はブロックチェイン技術で実際のケースでテストされ、実証されたネットワークに関しては、数多くの仮想通貨の中で唯一の通貨です。現在、リップル(XRP)は仮想通貨業界の主要仮想通貨となり、金融分野の主要な銀行やその他の送金サービスプロバイダによってテストされています。

リップルは暗号化エコシステムで主導的役割を果たしています。他の仮想通貨プロジェクトは遅れていますが、パートナーシップとそのインフラストラクチャの周りに誇大宣伝をつけるという以前の戦略を真似しています。時価総額ランキング第3位の仮想通貨は、現在、電子商取引の巨人アマゾンとのパートナーシップについてを集めています。

Ripple(XRP)は現在、75行以上の銀行とパートナーシップポートフォリオを誇っています。リップル(XRP)との提携は、電子商取引の巨人Amazonに大きな影響を与える可能性を秘めています。アマゾンとリップルが今後数ヶ月でパートナーになると考えている理由のいくつかをご紹介します。

リップルの手頃な価格、信頼性、およびトランザクション速度

ブロックチェーンに関連する主要なセールスポイントの1つは、トランザクションを完了するのにかかるコストと時間です。当初、Amazonのような多くの投資家や潜在的なパートナーは、仮想通貨のボラティリティへのアプローチ方法を恐れていましたがリップルのレートが受け入れられ、ブロックチェーンも安定しており、将来Amazonの小額支払いの要求を満たすことは問題ではないはずです。

取引コストやその他の手数料に関しては、現時点ではリップルとビットコインを比較することはできません。時価総額1位のビットコインとのパートナーシップは、ビットコインに関連する高いコストと費用のために、消費者がサービスを楽しむために消費者を選ばなければないことを意味します。このため、リップルは速い取引だけでなく低い取引手数料を消費者に提供します。

Amazonは通常、トランザクションを完了するために多くの資金を費やし、利益率を最小限に抑え、消費者が通常は顧客に引き渡される料金でそのプラットフォームを使用することを妨げます。しかし、リップルを利用することで、Amazonはトランザクションごとに数セントを費やすだけで経済的利益は莫大になります。

リップルは入手しやすい

ボリュームはAmazonを動かし、リップルは手頃な価格で大衆に便利です。両方のパートナーを結びつけるリップルとアマゾンは、グローバルなリーチと採用に関して両国が勝つことを意味します。Rippleの良い点は、誰でもXRPトークンを買う余裕があり、価格の急騰が起こる前に1ドル以下で交換していることです。

一方、Amazonは、安価な商品を買う消費者とは異なる消費者層を持ち、顧客の最も重要な割合を占めています。これにリップルがオンボードを持って来たいと狙っています。

Amazonは、リップルの低価格の取引手数料を利用して、競合他社よりもむしろプラットフォームへのトラフィックをより多く確保する必要があります。

リップルがAmazonの安定性を保証

XRPは市場にかなりのコインを供給しています。 XRPが急増するにつれて、Amazonはより低いボラティリティレベルを示し、これは電子商取引の巨人にとってより魅力的なものになるはずです。ビットコインのような短期間で1000ドル以上下がる通貨とは異なり、 XRPはペニーやセントで下落しますが、顧客がほとんど気付かないほどの小さな金額です。

Amazonとパートナーを正式に結ぶとなると、仮想通貨ファンはリップル (XRP)をほっとかないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です