リップル(XRP)のビルゲイツ財団とのパートナーシップは仮想通貨業界の牽引を加速させる

リップル(XRP)は数ある仮想通貨プロジェクトの中で最も印象的なプロジェクトの1つです。





4年余りのうちに、仮想通貨業界を牽引するにまで成長したリップルは、フィンテック業界において、数ある有名企業とのパートナーシップのリストを手がかりにして、その指針をしっかりと確立しました。

その一つは、リップルとBill and Melinda Gates Foundation(ビルゲイツ財団)とのパートナーシップです。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団 は、マイクロソフト会長のビル・ゲイツと妻メリンダによって2000年創設された世界最大の慈善基金団体である。2006年にはウォーレン・バフェットの300億ドルにのぼる寄附により規模が倍増した。
Wikipediaより


ビルゲイツ財団のパートナーシップ

ゲイツ財団は、開発途上国に住む人々の生活水準を向上させるために、財団を利用してきました。

「すべての人生は同等の価値を持っています。」

これは、医療、教育、そして最近では途上国の経済の改善に大きく貢献したビルゲイツ財団のモットーです。

途上国の経済を改善するため、ビルゲイツ財団は2017年10月にトロントで開催されたリップルの最初のスウェル会議で、リップルの技術をレベル1プロジェクトの実施に適用すると発表しました。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団がリップルと提携して間もなく、財団は、リップルの技術を使った20億人の非銀行人(世界銀行による)と、リップルの有名なインターレジャー・プロトコルをオープンソース・ソフトウェアでリリースしました。

Mojaloopは、金融機関、決済プロバイダ、およびそのようなサービスを提供する他の組織との間に相互運用性のレイヤーを提供するように設計されています。


Mojaloop(モジャループ)とは

Mojaloopは特定の銀行にお金を貯めている人だけでなく、あらゆる口座に資金を移すことを可能にします。

Mojaloopはリップルのインターレジャープロトコルを活用して、金融プロバイダー、政府機関、モバイルネットワーク事業者がユーザー向けの包括的な支払いプラットフォームを開発するコストを簡素化し、削減する手段を提供します。

銀行口座にアクセスできない世界人口の20億人以上にリップル(XRP)をもたらします。Mojaloopは、金融機関、モバイルネットワーク、およびそのユーザー間の橋渡しをしています。

Mojaloop技術は、顧客、銀行、商人、政府の武器、および国の他の金融機関を結びつけるために使用され、それによって経済の進歩と成長を加速させます。

Mojaloopは無料で利用でき、リップル財団は、開発者がMojaloopを使用して財務ツールに製品やサービスを開発または適応させるよう促しています。

Mojaloopはリップルのインターレジャープロトコルに基づいていますが、財務ツールの開発には数多くの努力が必要でした。

Ripple、ModusBox、Software Group、Crosslake Technologiesがビルゲイツ財団の資金を使って開発したものです。


リップル(XRP)の現在の市場状況

リップルの大規模な採用とパートナーシップの印象的な実行は、仮想通貨 XRPの唯一の成果ではありません。

リップル(XRP)は、市場の状態にかかわらず常に仮想通貨市場でトップクラスの時価総額の仮想通貨になっています。

この執筆時点では、リップル(XRP)は現在、過去24時間で1.26%上昇した後、0.456ドルで仮想通貨市場の時価総額で3番目に大きい仮想通貨です。