仮想通貨XRPとリップルのxRapidについてBirla氏が接続とユースケースを説明

8月24日、CNBCのCryptotrader Ran NeuNerのホストは、RippleのプロダクトマネジメントシニアバイスプレジデントのAsheesh Birla氏とのインタビューを行いました。





この議論では、RippleとXRPの区別、リップルが銀行システム用に構築した製品に関するXRPトークンの使用例などを取り上げました。

リップルが作成した製品のXRPトークンの使用例について、Birla氏は、同社が非常に熱心に感じている使用事例の1つに、クロスボーダーペイメントがあると述べています。

リップルは、創業後何年もの間、特定の国境を越えた支払いが多くの摩擦を抱えていることに気づいた、とBirla氏は述べました。

これにより、国境を越えた送金のプロセスの容易さに貢献する一連の商品を構築することができました。

Birla氏は、世界中の金融機関が接続して通信するのを手伝うリップルによって構築された最初の製品であるxCurrentについて語りました。

ここで、NeuNerは、xCurrentが通信を容易にする製品であり、トランスアクティブな機能ではないことをBirla氏に尋ねました。

Birla氏は、コミュニケーションの調整が製品の主な目的であると説明し、価値の移転を支援しました。

Birla氏は: それは元来の主な目的ですが、金銭的な通貨の価値を移転するのに役立ちました。つまり、暗号化されていない通貨を意味します。もしあなたがインドルピーの為に米ドルを取引したいのであれば、そうすることができますが、XRPのようなデジタル資産は必ずしもネイティブではありません。

次に、Birla氏は、流動性の問題を解決するために構築された第2の製品xRapidについて説明しました。




xRapidの使用例を説明するために、彼は外国としてメキシコの例を引用しました。

フィアットをXRPに変換してXRPをメキシコに移してから、メキシコの地方の取引所はそれをメキシコのペソと変換するでしょう。

そのプロセス全体は、今日の日数と比べるとほんの数秒しかかかりません。

Xの急速に本当に興奮しています。

xRapidが提供するシステムとは対照的に、伝統的な銀行は、1960年代に作られたSwiftというシステムを使用しています。

Birla氏はそれが単に銀行間のコミュニケーション手段であり、価値を移転しないと言ってSwiftについて語りました。

その後、スウィフトシステムを使用して解決するには、このような場合のエラーには数日かかると彼は言いました。

Birla氏は、この製品は現代の電子商取引の複雑さを解決するものではなく、古いものだと考えています。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

リップルは、xVia、xCurrent、xRapidをConvergenceというソリューションに統合することを検討

2018.08.23

リップルのXRapidをアメリカンエキスプレスがテスト中とRippleのCTOが語る

2018.08.22