リップルCTOが語る、XRPがBTCやETHよりも分散化されていると言える2つの理由とは?

8月22日、RippleのCTO David Schwartz氏は、XRPレジャー(元帳)に関する分散化について説明をツイッターに掲載しました。





シュワルツ氏によると、XRPレジャーは、分散化のゴールデンスタンダードとして選ばれている2大ネットワークである ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に比べて、はるかに分散化されています。

リップルの公式ブログのSchwartz氏は、完全に分散化されたネットワークと呼ばれるネットワークでは、単一の管理者またはエンティティがルールや再転送の取引履歴を作成することはできず、それが「ブロックチェーンの力」であると述べています。

したがって、XRPレジャーの固有の性質は、分散型のブロックチェーンシステム上で実行されるようなものです。

リップル(XRP)のアーキテクトは、真に分散したネットワークの基本設計を理解して、その概念を真に理解しなければならないと考えています。

ビットコインとイーサリアムのPoW [Work of Proof]とXRPレジャー

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が使用する作業証明アルゴリズム は、ブロックチェーン上のトランザクションを検証するためにマイナーに報酬を与えます。

分散型ネットワークシステムを推進したため、このアルゴリズムは最初に始まったときにはうまくいきましたが、最近の開発で問題が発生しているとSchwartz氏は述べています。

さらに、少数のマイナーがネットワークを実質的に支配するならば、Proof of Workは非中央集権とは言えなくなる可能性があります。

対照的に、コンセンサスプロトコルを使用するXRPレジャーは、特定の当事者に報酬が支払われない、取引を記録して確認する多くのバリデーターに依存しています。

シュワルツ氏はさらに、XRP元帳は、特定の当事者が支配していないため、本質的に分散化され、民主主義的であると説明しています。

取引コスト





Schwartz氏は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のマイナーは常に報酬の増加につながるので、元帳の取引コストを増加させたいと考えていると主張しています。

シュワルツ氏によると、これは支払いを行うなどの「実際の利用事例」には適していない仮想通貨につながる可能性があるようです。

しかし、XRP元帳にはその反対が当てはまります。

シュワルツ氏 : 「XRPとXRP元帳を使用している人は、マイニングなしで進歩を遂げることができ、大きな計算能力と時間を節約できます。

また、有料エスカレーションと呼ばれるビルトインシステムは、コンセンサスプロトコルの一部であり、全体的に料金を規制するのに役立ちます。

これは、他の仮想通貨と比較して、XRPのコストを削減し、トランザクション時間を短縮することを意味します。

これは、決済に最も有効な資産です。」

研究によれば、ビットコイン(BTC)またはイーサリアム(ETH)のシステムを破壊するには、マイナーのほんの一部で十分です。

リップルのウェブサイトによると、「現在、4つのマイニンググループがビットコインネットワークの58%を管理し、3人がイーサリアム(ETH)の1日の能力の57%を占めています。ネットワークは、政府機関によって操作されるリスクがあります。

シュワルツ氏:対照的に、XRP元帳は、適用前に変更を継続的にサポートするために、2週間にわたってネットワーク全体でバリデーターの80%を必要とします。

結論として、 XRP元帳は、多くの点で、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)よりもトランザクション性、機能性、分散化された元帳 があり、時間の経過とともに増加するだけです」

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

リップルの決済プラットフォームxRapidは起動準備完了!

2018.08.21

仮想通貨取引プラットフォームExodusにリップル(XRP)が追加される

2018.08.20