リップルは、xVia、xCurrent、xRapidをConvergenceというソリューションに統合することを検討

リップル市場が決して静止していないことは明らかです。すべての顧客の要求を満たすことができる最も効果的かつ実現可能なソリューションを常に探しています。





Ripple社は、提案されたソリューションの最高の有効性と生産性を達成するためにxVia、xCurrent、xRapidの3つの主要製品を1つの便利なソリューションに統合することを検討するようです。

RippleのTalents Acquisition Director Jim Chauncey-Kellyが発表したように、新しい統合製品はConvergenceとして知られています。

リップルの新しいソフトウェアプロジェクトに関する正式な情報はありませんが、進行中の準備のいくつかの詳細は、Chauncey-Kellyの最近のインタビューで明らかにされています。

ジム氏は、同社のチームを拡張し、今年初めに起こった多くのエンジニアを採用する理由について質問されたとき、コンバージェンスを開始する計画が主な理由だと述べました。

「今年の早い時期に、私のチームが重視していたことの大部分は、多くのエンジニアリングを雇うことでした。

3つの主要製品をすべて1つのシームレスなフォーマットに同期させるConvergenceというソフトウェアを構築しているため、おそらくこれが最大の功績でした。

たとえば、American Express(アメリカンエキスプレス)がタイの銀行に500ドルを送金したい場合、その取引所が何であるかを即座に見積もり、そのお金が流れます。

これは非常にエキサイティングなRippleNetをさらに強化するために、すべての製品を統合するものです。」

Convergenceが現実になるかどうかはまだわかりませんが、同社の主要製品の3つを統合するこのソフトウェアソリューションを使用すると、ユーザーは、必要なすべての操作の速度とセキュリティの利点を享受する素晴らしい機会を得ることができます。

世界のある地域から別の地域へ資金を移動する。さらに、手数料は可能な限り低いと言われています。




コンバージェンスに関するすべてのことは、今はっきりしていませんがChauncey-Kelly自身が、この問題についてツイートを投稿しました。

「やぁ、みんな!xCurrent(生産中)とxVia&xRapidの2つの製品があります。

これらはすぐに「コンバージェンス」のリリースになります。

実際に「コンバージェンス」と呼ばれるソフトウェアはまだありません。」

このツイートは最近削除されましたが、リップルが新しい解決策を作り出すという事実についてコミュニティが非常に興奮するのを妨げませんでした。

リップルや仮想通貨XRPを応援しているXRPコミュニティの一部のメンバーは、そのようなプロジェクトを「スマートな動き」と呼び、最も効果的な会社のソリューションのこの合併によりブロックチェーン製品を新しいレベルに押し上げる能力があると考えています。

この新しいソリューションが開始されると、現時点でXRPがCoinbaseのリストに載っていないことが心配されているリップルコミュニティは、この動きが確実にXRPの市場ポジションをサポートし、新しい投資家を引き付けるようになると思われます。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

リップルがNASDAQとICEと一緒に米国下院議員から仮想通貨のICO規制討議の招待

2018.08.19

リップル(XRP)対応プラットフォームxRapidをトランザクション用に使用する3つの仮想通貨取引所

2018.08.17