リップル(XRP)のCTOは、仮想通貨やブロックチェーンの20年前に分散型コンピュータシステムを発明しました。

Satoshi Nakamotoがビットコインを作った彼の独創的な論文を発表するずっと前にリップルの最高技術責任者(CTO)のデビッド・シュワルツ氏はすでに同様の考えを示していました。





シュワルツ氏は1988年8月25日、今から30年前に 「パーソナルコンピュータ」上で「マルチレベル分散コンピュータシステム」の特許を出願しました。

リップル社のCTOは、分散システムのビジョンが何を求めているのか、今日のブロックチェーン技術とどのように重なっているのかを話しました。

主な問題の1つシュールツェス(暗号化の背景にある)は、コンピュータ集中型のタスク(単一のマシンで処理することは不可能だった)をデバイスネットワークに配布する方法でした。

「分散コンピュータシステムとは、互いに独立して機能するが、協調的に機能するコンピュータのネットワークである。

パーソナルコンピュータなどの複数の小型コンピュータを使用して単純なタスクを実行し、より複雑なタスクを実行するための中央コンピュータを使用することによって、コンピュータシステムの多様性を高めることができます。

このような構成は、制御コンピュータの負荷を軽減し、データ伝送の量とコストを削減します。」

「CPUは、予想よりもはるかに速く性能が向上しました。利用可能な処理能力でCPUにタスクを動的に配布する必要性はあまりありませんでした」とSchwartz氏は説明します。

しかし、このいわゆる分散コンピュータシステムが棚上げされる前に、暗号技術者とそのチームはこの技術に関するいくつかの実験を行うことができました。




シュワルツ氏は「私たちはフラクタルの画像を生成する実装を行っていました。「クラスタにCPUを追加すると、ワークロードが動的に分散されます。」

分散コンピューティングとブロックチェーン技術

シュワルツ氏のシステムは完璧ではありませんでした。

1つは、さまざまなコンピュータ間の接続を確立することは、現在のそれよりはるかに複雑です。

もう1つの課題は、目的のタスクを処理して1台のコンピュータから次のコンピュータに転送できる小さな部分に分割することでした。

インターネットの発明が主に相互接続の問題を解決しているが、シュワルツ氏が1990年代に遭遇した問題のいくつかは今日も引き続き存続しています。
実際、大規模なネットワークコンポーネントを小さな部分に分割することは難題です。

シュワルツ氏が30年前から分散コンピューティングの冒険に挑戦する限り、彼の経験は今でも彼の仕事にまだ役立っているという。

「私が過去に取り組んできたことが、私が今作業していることに引き続き登場しているように思える。

これは、私の仕事のほとんどが分散コンピューティングと暗号の一般的な領域にあるためだと思う」とシュワルツ氏は付け加えました。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

リップル(XRP)対応プラットフォームxRapidをトランザクション用に使用する3つの仮想通貨取引所

2018.08.17

リップルのXRPは仮想通貨の中で最速だとWeiss Ratingsは言う

2018.08.13