リップルの元CTO(最高技術責任者)が立ち上げた新会社Coil(コイル)は今

今年の初め、リップル社の最高技術責任者、ステファン・トーマスは、新しい会社を立ち上げるということで、辞任しました。その新しい会社はコイルと呼ばれ、マイクロペイメントによるコンテンツの金銭的サポートに焦点を当てています。



ステファントーマス氏とは

Stefanはインターレジャープロトコル(ILP)、またそれに関することを立ち上げました。ILPは、他の元帳システムとのブロックチェーンの相互運用性を可能にするオープンプロトコルです。新会社Coilは、これを使用して支払いシステム全体のコンテンツクリエーターをサポートすることを目指しています。

XpringのManaging Director、Dan Arandaは、Coilとそのアプリケーションについて語りました。Xpringは、ブロックチェーンとデジタル資産分野のスタートアップのためのRippleのインキュベータであり、Coilもその1つです。彼はStefan TomasとBitcoinの初期成長への貢献について話を始めました。

Coil(コイル)について

彼は言いました:

支払いにも焦点を当てていますが、マイクロペイメントに焦点を当て、特にウェブを収益化し、記事やストリーミングビデオなどのウェブコンテンツを収益化する代替広告ベースのモデルとして、非常に低価格の支払いを重視しています。

Stefanは、XRP LedgerとILPを使用して、お金の移動を可能にする異なるブロックチェーン間のクリアランスを許可します。彼はまた、コディウスとして知られているスマートコントラクトプラットフォームを使用します。

Codiusを使用して、コンテンツ作成者に寄付金を支払うための支払いや、支払い契約を作成することができます。

彼はまた、イーサリアムのPlasmaプロトコルと比較しながら、XRP元帳のスケーリングに関する話もしました。

彼は言いました:

「ブロックチェーンの規模を拡大する可能性のある斬新な実装を見始めていると思います。興味深いのは、サイドチェーンという概念です。イーサリアムのコミュニティでは、血漿を介して表現されていることがわかりました。ここでは、セキュリティのためにパブリックブロックチェーンを活用することはできますが、特定のアプリケーションには独自の元帳があります。」