リップル社の管理職が連邦準備制度タスクフォースに選出

リップル(XRP)の管理職Ryan Zagone氏が連邦準備制度理事会のFaster Paymentsタスクフォースに選出されています。運営委員会は、ワーキンググループの多数のステークホルダーを代表する16名のメンバーチームです。

このタスクフォースのビジョンとは

連邦準備制度によるこのタスクフォースは、2015年に開始されました。効果的な高速支払いシステムの目標と属性を特定することに重点を置いています。ソリューションを提案し、その目標を達成する能力を評価しています。決済業界に挑戦し、より迅速な決済システムの導入と採用に向けた措置を講じることができます。

その主要なビジョンは、異なるステークホルダー達に2020年までに、より迅速で、ユビキタスで、包括的で、安全性が高く、効率的な支払いシステムのビジョンを実現させることです。

タスクフォースは、定期的な会議を252回しており、120,000時間を費やしています。現在の参加者数は321人です。これは、運営委員会メンバーとしてのRyan Zagone氏の選挙が、リップルだけでなく、タスクフォースによる決済システムの構想の大きな前進です。

ライアン氏は彼の選挙について言いました。

私は、Rippleのグローバルな経験をタスクフォースとして活用し、支払いのスピード、効率性、アクセス性、競争力を高める方法を評価することを楽しみにしています。 Nacha、IPFA、W3Cなどの同業他社、銀行パートナー、幅広い金融業界と協力しながら、Ripple Labsの建設的アプローチを継続します。 とりわけ、私はタスクフォースでオープンで包括的な存在になることを約束します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です