リップルのマーケティング担当者のインタビューの内容とは?

リップルのマーケティング担当者、コーリー・ジョンソン氏は最近、フォックス・ビジネスのインタビューに答えました。





フォックス・ビジネスは最近、仮想通貨の世界における最近の規制について語りました。

レポーターとのインタビューで、ジョンソン氏によると、リップルは規制当局が現在、仮想通貨に関与していることに喜んでいるようです。

「規制というのは、保護ということです。

私は投資家が保護されることが本当に重要だと考えています。

投資家の保護がないと何が起こるのかを見てきました。

私たちは、投資家が非常に多くの資金を失うのを見てきました。

私たちは、仮想通貨の世界でそれを見てきました。

規制当局が関与していることに興奮しています。」

とJohnson氏は述べました。




それ以前には、ニューヨークの金融サービス局は、10の仮想通貨関連企業のうち、合計で10の州のみで業務を行うことを認めていたと報告されています。

これらの企業のうち8社がBitLicenseを完全に受け取ると報告されました。

リップルは8社のうちの1社であり、XRP IIはその子会社の1社です。

注目すべきはNYDFSの監督であり、州の議論を巻き起こしている「BitLicense」フレームワークの元創業者は現在、リップルの取締役会に在籍しています。

リップルは現在、世界各国にオフィスを構えており、さまざまな国の様々な規制当局のリストを取り扱わなければなりません。

ジョンソン氏によると、アメリカは現在、急成長しているこの分野に従事し、その分野で活動したい企業に明確な規制の枠組みを提供するという点で、世界に遅れをとっています。




彼は続けました。

「他の多くの国々は、企業がどこで行動できるかを明確にするために、アメリカより速く進んでいますが正しいことと間違っていることがあります。」

さらに商品先物取引委員会(CFTC)議長のJ.クリストファー・ジャンカルロ氏は、アメリカがまだブロックチェーン技術の理解と規制を進める必要があるとの同意見について意見を共有しました。

こちらの記事もオススメです^_^

ロンドンの送金サービス会社がリップルの仮想通貨XRPをサービスに追加!

2018.07.28

リップルの仮想通貨XRPの価格上昇のパターンは2017年と同じ?

2018.07.24