リップルは「支払い、決済の重要性」の基礎となる。仮想通貨のXRPも確実に進歩している

リップルは「支払い、決済の重要性」の基礎となる。仮想通貨のXRPも確実に進歩している




Xpring MD Dan氏はClem Chambersとの講演で、Rippleと支払いプロバイダとの関係について語りました。

デジタルアセットとしてのリップルの仮想通貨 XRPについて語りながら、彼はデジタルアセットへの様々なオンランプについて語りました。

これらのランプは取引サービスなどで、XRPトークンをドル、ユーロなどに変換できます。

彼は言いました:

「私たちは実際にコンサルティングを提供しているわけではありません。プロトコル上で。インターネット上でGoogleを考えると、基礎となるプロトコルを機能的な経済的利用事例に利用できるようにするソフトウェアサービスを構築しているのです」

Arandaは、彼とリップルは「支払いの重要性を信じている」と述べました。

彼は既存の統合された支払いシステムがないということについて話を進め、代わりにVisa、Mastercard、Swiftなどの「レイヤー」を使ってシミュレートしました。

彼は言いました:

「ブロックチェーン技術の分散アーキテクチャとこれらの公開元帳は、これらのさまざまなシステムの多くを相互運用できるようになると考えました。」

彼は、リップルは当時世界中の約120の金融機関に署名し、生産契約のために1週間に1つの銀行をパートナーに獲得していると述べました。

Rippleの製品を使用している銀行のコスト削減についても話しました。銀行は、国境を越えた支払いの難しい経費を乗り越えるとAranda氏は言いました。

そして彼は言いました:

「私は、仮想通貨の技術を採用するための真の価値提案とビジネスケースがコスト削減をもたらすとは考えていません。私はそれがその一部だと考えていますが、私は、これらのテクノロジがどれほどコストを削減したり、プロセスを改善することができるかについて考えています。私はそれが収益の可能性についての成長にするもの思う」