リップル(XRP)は証券?BitcoinIRAのCOOが仮想通貨業界の現状をインタビューで語る

BitcoinIRAの最高執行責任者のChris Kline氏がインタビューで仮想通貨業界に影響を及ぼす現在の出来事についての考えを語りました。





インタビューでは、市場回復の可能性などの問題について触れました。ビットコイン(BTC)市場のクジラの状況、SEC規制に関する懸念、最近のハッキング問題、「連邦準備制度」が自国の通貨を発行していることなど。

全面的なインタビューは以下の通りでした:

仮想通貨市場は跳ね返ると、なぜ思うのですか?

A:私は、仮想通貨市場がいくつかの理由で跳ね返ると考えています。

まず、ゴールドマン・サックス がビットコイン取引を開始してからナスダックに移管したことに伴い、Cryptocurrency Exchange GeminiがSMARTS Market Surveillance Technologyを活用できるようになったことから、制度的関心が高まってい ます。

第二に、ビットコインとイーサリアムが証券ではないというSECの最近の声明は、この仮想通貨界隈の規制の不確実性の一部を解消しています。

最後に、分散型テクノロジーが世界を変え、データの保存と処理の方法を見ています。AmazonやFacebookなどの多くのトップ企業がブロックチェーン技術をよりよく理解し、活用するために膨大な資金とリソースを費やしています。

ビットコイン市場のクジラの状況はどうですか?

A:クジラは大口です。海は仮想通貨市場で、その生態系の例えです。彼らは現在、投資に影響を及ぼす可能性がありますが、長期的には仮想通貨市場が成熟するにつれて、市場に影響を与える能力が低下すると考えています。

第1に、仮想通貨市場が大きくなればなるほど、個々のクジラが市場に与える影響は少なくなります。

さらに、規制当局とDOJはすでに危険な市場操作に対抗するために足を踏み入れているため、クジラが波を作り出すインセンティブは少なくなるだろう。

最近のSEC発表は仮想通貨界隈にとって良いニュースですか?




A:最近のSECの発表は、いくつかの理由から仮想通貨界隈にとって良いニュースであると私は信じています。

まず、先ほどお話したように、私は、トム・リーと自分自身が信じているような規制不安の一部を解消し、価格の
低迷に寄与していると信じています。

第2に、私は、SECの声明が、規制当局と分散型テクノロジー部門との協調、尊重、生産的な協調が、今日の金融環境に対応するために協力していることを示していると確信しています。

ハッキングが仮想通貨規制を加速するでしょうか?

A:ハックは進歩と変化の必要性を加速させると私は信じています。

これは今年私たちが見たものです。SECは有価証券として登録するためのすべての取引を必要としていますが、違法行為者を排除しようとして仮想通貨広告を停止するさまざまなプラットフォームも必要です。

ビットコインベースのビジネスが不正を検出するのを支援することに重点を置いている Chainalysis のような企業もあります。

リップル(XRP)は証券ですか?

A:私の意見では、そうではありません。ビットコインとイーサリアムが有価証券でない理由を説明し、ウィリアム・ヒンマン氏は言いました。

「イーサリアムの現状、イーサリアムネットワーク、およびその分散型構造の私の理解に基づいて、イーサリアムの現在のオファーや販売は証券取引ではありません。

同様に、リップルですが、間違いなく他の暗号通貨よりも集中化されていますが、地方分権戦略において積極的に前進しています。

このプラットフォームは、XRP元帳のバリデータを多様化し、検証されたバリデータを一意のノードリストに追加する計画を発表しました。

このインタビューでもリップル(XRP)は証券か証券じゃないかという話題が出ましたが、Kline氏も「リップル(XRP)は証券ではない」と考えているようです。

あなたはリップル(XRP)は証券と思いますか?SNSで記事をシェアして、あなたの意見を聞かせて下さい^_^