リップル(XRP)技術のXCurrentがタイで人々の生活を向上させる

リップルのパートナーの日本のSBIグループとタイのサイアム・コマーシャル銀行(SCB)とのパートナーシップは、彼らの努力の明確な証拠です。





このパートナーシップは実りあるものであることが証明されており、タイ国民は日本からお金を、安く、瞬時に送金することができます。

当初、日本のSBIとタイのサイアム商業銀行(SCB)との新たな関係は6月下旬に発表されました。

SBIとSCBパートナーシップ

このサービスはRippleによって作成されたリアルタイムの送金と決済ソリューションであり、サイアムコマーシャル銀行が使用する実装であるため、タイ国民はRTXPネットワーク経由で外貨換算を行ってSCB口座に簡単に送金できます。

ATMがSBIグループネットワークの一部である限り、日本円が支配する資金はいつでもSCB口座に直接ATMから直接送金することができます。

タイに住む4万人以上の日本人が働いていて、タイへの総送金額が年間2億5,000万ドルを超えることは注目に値します。



XCurrentは革新的なソリューション

SCBのチーフストラテジーオフィサーであるArak Sutivong氏は、デジタル時代に欠かせない金融商品やサービスをリテイル顧客に提供し、 リップルの技術を活用し続けていることを継続していると語りました。

SBIの送金とサイアム商業銀行の送金サービスがリアルタイムでどのように機能しているか見ることができます。

Rippleは2012年に設立され、2016年にSBI グループはリップルに投資しました。

いつもSNSで記事をシェア及び拡散して頂きありがとうございます。

こちらの記事もオススメです^_^

サムスンが一部の国で支払い手段としてリップルの仮想通貨XRPを受け入れる!

2018.07.22

ネット上のコンテンツにもリップルの仮想通貨XRPが使われる可能性を秘めたシステムについて開発者が語る

2018.07.21