リップルの仮想通貨 XRPの価格が2019年には10ドル以上になっていると予想される理由とは

リップル(XRP)の2019価格予測が10ドル以上の可能性




リップル(XRP)は世界で3番目の時価総額の仮想通貨ですが他の仮想通貨と同様にリップル(XRP)の価格はビットコインにつられて下落しています。Ripple社の新しいヘッド・マーケット・ストラテジストのCory Johnson氏を雇った後でさえ、リップル(XRP)は依然として仮想通貨市場から価値を評価されるのに苦労しているようです。

多くのアナリストは、リップル(XRP)の価格が仮想通貨市場の中でも高騰するコインだと予測していたが、残念ながらこれはまだ起こっていないですね。

リップル(XRP)飛躍の年は2019年か

多くのアナリストは、リップル(XRP)の価格がコリー・ジョンソン氏の発表後に下落し始めたことと混乱させているようです。多くの人は価格の下落とCoryの任命との間に相関関係を見出そうとしています。

Rippleの時価総額は490億ドルですが、仮想通貨市場は激しい性質なのでXRPはかなりの乱高下を経験しています。しかし、XRPの悲惨なパフォーマンスにもかかわらず、リップルに敬意を払う仮想通貨専門家、Roman Guelfi氏は、2019年がXRPがとてつもなく価格が上がり注目される年になると考えているようです。

以下は彼の発言です。

「リップルは2018年には一歩前進する可能性は確かに高いですが、2019年にはもっと可能性が高いと思います…市場がXROなどの他のアルゴリズムでコード化されていることが観察されると、2019年が起こる可能性が高いと予測している」

リップルの最高経営責任者(Brad Garlinghouse、Ripple’s CEO )は、リップル(XRP)が規制当局に準拠し、仮想通貨を進展させるために協力する意向であると述べています。

「業界全体が規制当局と協力しなければならないと認識し、システムと一緒に作業しなければならないということは、(仮想通貨)業界全体が非常に重要です…ブロックチェーンの革命はシステム内から起きています。

リップルについて強気な理由

考慮すべき要因の1つは、リップルの最高経営責任者の一人であるRyan Zagoneが最近、連邦準備制度理事会のFaster Paymentsタスクフォースに選出されたことです。このリップル(XRP)の成長戦略の1つは、国際決済システムについて言えば、リップルにとっては大きなメリットであることがわかります。

リップルは明るい未来を持っています。