リップルの仮想通貨XRPを使用すると明言!年に200億ドル以上の決済処理を行う企業のレポートとは?

リップルとケンブリッジ・グローバル・ペイメントのパートナーシップについて、クロス・ボーダーペイメント(国境を超えた支払い)のためのxRapidをテストしています。





ケンブリッジ・グローバルは毎年B2B国際決済で200億ドル以上を処理しており、同社がリップルの技術をどこで利用しているかを明らかにする文書が浮上しています。

ケンブリッジ・グローバルは「メキシコでリップルXRPを最初に使用する」としている3月に、パートナーシップに関する記事を発表しました。

ラテンアメリカとアジア太平洋の他の国々が続くということが世界中の決済システムをカバーするニルソンレポートというレポートで語られています。

【ニルソンレポート】
http://docs.ccard.us.s3-us-west-2.amazonaws.com/the_nilson_report_march2018.pdf



ニルソンレポートと内容

このレポートでは、トロントに拠点を置くケンブリッジ・グローバルがリップル独自のxRapid技術の恩恵を受ける方法を説明しています。

「Cambridgeはブロックチェーンベースの処理の拡張をテストし、リップルの仮想通貨であるXRPの使用を含めるようにします。

XRPとXRP元帳ソフトウェアは、両方ともxRapid、Rippleのオンデマンド流動性サービスの一部です。

現在、ケンブリッジのような会社は、金融決済を行うためにビジネスを行う多くの国の銀行口座に資金を保持する必要があります。

リップルがXRPを通貨換金に即座に変換し、そのクレジットを現地の自動決済ネットワーク(ACH)に提出できる国では、リップルの顧客は地元の銀行に自分の資金を保有する必要はありません…」

リップルは、金融機関や送金会社とのパートナーシップを着実に拡大しています。

彼らは、リップルのブロックチェーンが既存のビジネスの一部を保護する一方、技術を使用して財務価値交換を伴う即時のデータ交換を含む新しいビジネスを確立できることを実感します。

リップルは、XRPという仮想通貨を地方の通貨にほぼリアルタイムで変換した後、即座にACH決済を行うことができる国への国境を越えたB2B決済のブロックチェーンを拡張します。

このレポートはケンブリッジの最高執行責任者、マーク・フライとリップル・ラブズのビジネス開発担当ディレクター、ダニー・アーランダ氏のインタビューに基づいています。

いつも記事をシェアして頂きありがとうございますm(_ _)m

コチラの記事もオススメです^_^

リップルの仮想通貨XRPを追加するアメリカで認可されたマネーサービス(決済)PayBis!

2018.07.16

カナダの仮想通貨取引所にリップル(XRP)がFiatペア取引が可能に!カナダで初の取引所のNDAXとは?

2018.07.14