リップル(XRP)がインドで50%のシェアを獲得したと最新ニュース!

リップルの代表は、最近、インドの暗号市場の50%を獲得するための同社の戦略について話し合いました。




リップルの仮想通貨XRPはインド市場の50%を占めています

リップルのの製品担当シニアバイスプレジデント(SVP:管理職)のAsheesh Birla氏は、Wharton School of Businessで、リップルの仮想通貨 XRPが大半の市場シェアを獲得する方法について話しました。

Birla氏は、Rippleは総XRP供給の60%を所有しており、インドの金融機関はRippleのテクノロジを使用して支払いを処理する銀行と支払いプロバイダのネットワークであるRippleNetに参加しようとしています。

同氏は推定80%の市場シェアをもたらした可能性がある国のトップ3の銀行に近づくことを検討したと述べました。

「インドへのパイプラインのような形で、リップルや取引に統合されたインドの市場の50%は、おそらく今私たちのパイプラインだと私は考えています。」

彼は、リップルよりもインドに送る良い方法はないと言います。



インドはリップルの世界市場への進出

ビルラ氏は、インドへの初の進出以来、リップルは劇的に拡大し、今週は取を拡大して銀行に商品を売っていると語りました。

XRPコミュニティーのブログは、インド準備銀行が率いる規制上の混乱のために、インドでのリップル(XRP)のコミットメントについて懸念することを指摘しました。

コチラの記事もオススメです^_^

リップルのパートナーのケンブリッジFXは「Rippleの仮想通貨であるXRPを使用する」

2018.07.09

リップル(XRP)が7月に転換期を迎え高騰するであろう理由「xRapidは量産体制」とCEOが語る

2018.07.06

リップルの仮想通貨 XRPの価格が2019年には10ドル以上になっていると予想される理由とは

2018.06.24