仮想通貨のリップル(XRP)の価格が高騰するのはもうすぐだと思える1つの理由

今年はリップル(XRP)だけではなく仮想通貨市場全体が下落しました。





主要な仮想通貨の価格は全体的に上下しています。

これは、価格に関する多くの既存のトークンから何を期待するのかを正確に知らない多くの仮想通貨投資家や愛好家にとって心配な状況です。

今年の第3四半期は、仮想通貨の一部がトップに上がって歴史に新たな兆しを見せてくれる機会かもしれません。

それはまさにリップル(XRP)の可能性があります。

その結論の背後にある主な理由を見てみましょう。

仮想通貨リップル(XRP)の苦闘

市場のボラティリティにもかかわらず、リップルの仮想通貨XRPトークンは、開発にいくらかの摩擦を加えた他のいくつかの問題に対処してきました。

これに関連して、ここ数カ月間に直面していた「証券」問題に言及することは不可欠です。

リップルは 、XRPトークンの設定方法を検討している証券取引委員会(SEC)の審査を受けています。

トークンが証券として認識される可能性がありました。

これはコミュニティと会社の両方に大きな懸念をもたらしましたが、実際には評決ではなく、変更する必要があるものを変更するための注意であることを覚えておく必要があります。

それはまさにリップルがそれまでにしてきたことです。

イーサリアム(ETH)自体がある時点でSECの証券として認識されていたことを思い出してください。

リップルの主張である分散という問題に関して、 同社の最高技術責任者David Schwartz氏は、XRPレジャー(元帳)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と同じくらい分散していると宣言 しています。

実際、数学的に言えば、ビットコイン(BTC)は主にBitmainによって制御され、イーサリアム(ETH)の初期採用者はイーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)の両方であることが証明されているため、イーサリアムはリップル(XRP)よりも中央集権的といえます。

イーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)の両方のプラットフォームで動作するPoWシステムは、CTOの技術的な失敗にもかかわらず高く評価されました。

真実は、マイナーがシステムを制御できるということです。

一方、リップルの迅速なネットワークは、 WeissRatingsによって「取引所間で資金を転送する最速の仮想通貨」と考えられ、 仮想通貨の低価格を考えると、これはXRPは絶好のチャンスになります。

リップルはXRPが証券に設定されていると警告されたが、会社がこれを変えようとしている努力のすべてが既に結果をもたらした可能性があります。

9月はXRPの月になる可能性





リップルは多くの時間静かだったことが明らかになりましたが、CEOのブラッド・ガーリングハウス氏によると、リップルは9月には多くのことが起こりCEOはこう言っています。

「私が常に分かち合うQ3市場レポートの中で今後発表することの1つは… XRPを購入する際の制度的な参加を見ると、Q3は確かにXRPの保有に関心を示している機関投資家の記録である。 」

このように、第3四半期には著しい機関投資家の出現が予想されます。

実際、リップルの仮想通貨XRPトークンの大量採用について最後に知ったのは、ガーリングハウス氏が、リップルが200を超えるパートナーシップを結ぶまでは何も言わないと言ったときでした。

これが正確にもうすぐだと確信することができます。

XRPは現在200以上の接続先を持っていますが、非公開契約のために名前を明らかにすることはできません。

これに加えて、XRPトークンがかなりの量でボリュームを増加させることが知られていました。

しかし、これはその価格でそれが必要なやり方では現れていないし、トークンを購入する人が価格に影響を与えていない理由は、彼らは通常の取引所を使用しないので、彼らが使用しているものはOTCです。

この事実は、BinanceとXRPがすでに協力していると推測され、仮想通貨はすぐに表示されるようになって実際に変更されるかもしれません。

結論

8月が終わりに近づくにつれて、9月はXRPと市場のために大きなものをもたらすかもしれません。

会社としてのリップルは、新たな開発、パートナーシップ、そしてその仮想通貨XRPのまったく新しい動きで私たちを驚かせるでしょう。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨XRPとリップルのxRapidについてBirla氏が接続とユースケースを説明

2018.08.25

リップルは、xVia、xCurrent、xRapidをConvergenceというソリューションに統合することを検討

2018.08.23