リップルのXRPが証券でも証券でなくても高騰する理由とは?

最近、リップル(XRP)は一連の訴訟で打撃を受けており、その内容はリップルがXRPを虚偽表示していると主張しています。





リップル(XRP)が証券であるかどうかということが主な議論になっています。

投資家はこれらの訴訟に注意を払い、多くはリップルの仮想通貨XRPへの投資を断念していますが、XRPの訴訟は実際には大したことではなかったということになる可能性があります。

理由を理解するためには、この時点でリップル(XRP)をホールドする重要な要素は、それが証券であるかどうかではなく、SECからのこの仮想通貨の状態に関する明確性が欠如してることを知ることは重要です。

深刻な投資家は、不確実性な空気が掛かっている資産にお金を入れたいとは考えていません。

この明確さの欠如は、投資家のためだけでなくリップル(XRP)チームにとっても逆効果です。

これは、目標を最大限に引き出すためには、XRPが正確に何であるかを明確にする必要があるからです。


リップルのXRPが証券なのかどうかは関係ない

これらの訴訟では裁判所がこの問題について決定を下すために、SECは明確に出て、その立場を明らかにしなければなりません。

言い換えれば、リップル(XRP)は、SECがいつ呼び出すのかは分かりません。

XRPが確かに証券であると宣言されれば、XRPの価値は短期的には高まります。

しかし、その長期的価値は指数関数的に上昇すると思われます。

これは、アメリカブローカーディーラーに登録されブローカーディーラーによって取引されることになります。

ディーラーは、数十億ドルの資産を管理しています。

資産5兆ドル以上を支配するフィデリティのようなものを考えてみてください。

銀行業界を混乱させている「安全保障」へのこれらの選手の参入は、数千ドルの貿易で1つのリップルのシェアを見るでしょう。

GoogleとAmazonのように同じリーグにはいることになります。

一方、SECがリップル(XRP)が証券ではないと宣言した場合、仮想通貨コミュニティはリップル(XRP)に注目します。

ボリュームが証券と宣言されるのと同じ理由で、人々はXRPに集まり、それが銀行業務におけるユーティリティの価値につながります。

このように、これらの訴訟には、いかなる結果でもリップル(XRP)も満足しているはずです。

XRPについてはそれが何であれ、投資家にとって勝利になるでしょう。

こちらの記事もオススメです^_^

リップル(XRP)の成長に向けて北尾氏が日本最大のカンファレンスで語った内容とは?

2018.06.30

リップルのxRapidを使用して仮想通貨のXRPで支払いを行う10社一覧

2018.06.25