リップルのXRPは国境を越えた資金移動に「素晴らしい方法」だとTechCrunchの創設者が絶賛

TechCrunchの創設者Michael Arrington氏は、仮想通貨の世界での彼の経験についていくつかの新しい洞察を与えています。





Arrington氏のヘッジファンドArrington XRP Capitalは、現在、そのポートフォリオに35のクリプトカンパニーを持っています。

同社は昨年末に発足し、XRPで建てられました。

投資家は、フィアット(法定通貨)ではなくファンドにXRPを拠出し、配当と手数料は通常XRPでも支払われます。

Arrington氏はCNBCのCrypto Traderに対し、

「このケースではリップルの仮想通貨XRPが実際の通貨であり、実際にお金を移すための本当に良い方法です。

XRPで資金を宣言するのは、国境を越えて資金を非常に迅速にゼロコストで移動させる素晴らしい方法だからです。」

と語りました。




Arrington氏によれば、XRPのスピードと効率性は、XRPのスピードと効率性によって、それ自身のクラスに位置づけられています。

「仮想通貨と多くのビットコイン最大主義者にはたくさんの種族があります。

彼らがすべて合意していることは、一元化されているので、彼らはすべてXRPを嫌っているということです。

他の分散型暗号化通貨がより効率的になるための道を見つける一方、XRPは素晴らしいです。

ヘッジファンドの観点からは、XRPで自分たちを名乗るのは素晴らしいことです」

リップルはXRPの総供給量の60%を所有しています。

全体的に、Arrington氏は彼のヘッジファンドが現在XRPにあるファンドの3〜4%で広範に分散していると言います。

重要なのは原資産です。

私たちのファンドのほんの一部がXRPを保有しています。

私たちは大きく多様化しています。それらの根底にある資産は、その価値が何であれ、それは本当に重要なものです…

Arrington氏はまた、同社のポートフォリオの3つのプラットフォームであるMainframe、Metadium、Fantomを強調しました。

Mainframe

検閲と監視に耐性のある分散アプリケーション向けのプラットフォームであり、安全で分散化された高度に暗号化された方法で通信する方法を人々に提供します。

Metadium

ユーザーが個人データを管理および保護できる次世代のIDプロトコルです。

Fantom

DAGベースのスマートコントラクトプラットフォームであるFantomは、スケーラビリティの問題とブロックチェーンの確認時間の要件に対応しています。

こちらの記事もオススメです^_^

リップルの仮想通貨XRPの価格上昇のパターンは2017年と同じ?

2018.07.24

リップルのパートナーSBIの相乗効果で仮想通貨のXRPが高騰するとXRPchatで予測される

2018.07.09