リップルが仮想通貨のXRPとXRAPID、RIPPLENETの今後の計画を発表する

リップル社のSVPのAsheesh Birla氏は、新しいAMAで、XRPを使用してオンデマンド流動性を提供し、クロスボーダー支払いのスピードを上げるために設計されたリアルタイム決済プラットフォームであるxRapidについて語りました。





ビルラ氏はウェスタンユニオンの最近の声明で「xRapidはまだ高価だ」と述べたことについて、この発言が同社の今後の方向性にどのような影響を与えているかを説明しました。

ウエスタンユニオンの事は、彼らがそこにいる大部分の決済会社よりもずっと巨大な会社だということです。

実際にウェスタンユニオンがxRapidを利用するには、すでに固定費と最適化された流動性フローを持っているため、すべてのボリュームをxRapidのようなものに移動する必要があります。

だから今、私たちは、新興企業である支払業者にターゲットを絞っています。

それは、私が思うに、私たちのスイートスポット、そしてそれは私たちができるだけ早く生産に持ち込むために探しているものです。



xRapid導入計画

Bria氏は、xRapidを導入する計画については、今年は正式にリリースすることを希望していると述べているが、リリース時期は確定していません。

リップルよ最高技術責任者(最高技術責任者)David Schwartz氏は、リップルのブロックチェーンテクノロジを使用して支払いを処理する銀行と支払いプロバイダのネットワークであるRippleNetについて、ボリュームの増加とxRapidとXRPの使用を企業に求めることが最優先事項だと述べています。

「私はRippleNetのボリュームを高めていることが非常に重要だと思っています。私は、XRPとの橋渡しをする候補者としての取引フローを持つことは、会社にとって非常に重要だと考えています。

またxRapidは、実際にXRPで支払いのブリッジを行い、それらのものを拡大し、より多くのパートナーシップを得る。重要なライブトランザクションボリュームを取得することは非常に重要です。

リップルは現在、XRPの総供給量の60%を所有しています。

シュワルツ氏は、リップルでの8年間の在籍期間中にブロックチェーン技術がどのくらいまでになったのか、そして彼がそのスペースについて最も驚いたことを反映しています。

一つの大きなことは、トークンの拡散です。ビットコインよ初期の時代には、誰もが皆、ビットコインをあらゆるものに使うと思っていたと思います。

そして、それはサイロ問題といくつかの相互運用性の問題を解決するでしょう。

そして、実際には、相互運用性の問題を1,500と2,000のいくつかのトークンの間で再構築しました。

もう一つは、私たちがよく使っていたことだけでなく、マイクロペイメント、分散アプリのような変容的なことでもある、未来的なものが空間上で起こっているということです。

私たちは、これらのマシンツーマシン決済のビジョンや、サービスを販売する分散アプリのエコシステムを相互に提供しています。

インターネットのように私たちがしていることは変革的なものになる可能性があります。