XRPがたった12時間でWirexに200万ドル分入金!リップル普及に前進した理由

WirexはTwitterのアカウントで、12時間でXRPの預金を2億ドル以上受け取ったと発表しました。





7月24日にワイレックスはXRPを取引する機能を開始しました。

Wirexは、日常で仮想通貨を使用するソリューションを提供するため、世界中の多くのユースケースで使用されています。

このアプリのユーザー数は約900,000で約130カ国で利用されています。

さらに、世界中のモバイルPOS(Point of Sale)市場を開拓するVisaまたはMasterCardカードを通じて、これらのカードを使うことができます。

※POSとはお客と店が金銭のやり取りした時点の販売情報を管理するシステムのこと。

POS(Point of Sale)市場





調査によると、世界のPOS市場は、2025年末までに約477億ドルに成長すると予測されています。

この市場の成長率は、2025年まで毎年約35.40%になると予測されています。

ワイレックスが目指す市場は、同社が提供するカードは、オンラインでも、決済ゲートウェイを経由でも、物理的なショッピングセンターのような場所でも使用できます。

暗号カードを物理カードに接続すると、多くの利点があります。

主に、ユーザーは銀行口座に接続されたカードと同じ方法でカードを利用することができます。

既存のインフラストラクチャーとの統合は、通貨として使用される仮想通貨の進歩にとって重要であると述べています。

Wirexのブログは、同社が記録した製品のユースケースのセットを提供しています。

仮想通貨への投資に多くの人がそれを利用しているとしても、Wirexはクロスボーダー取引でも多くの利用法を見ています。

Wirexカードを使用すると、ユーザーは世界中で低額の引き出し手数料で取引することができます。

また、ビットコインなどの仮想通貨を海外の受信者に送信することもできます。

仮想通貨リップル(XRP)の普及





XRPトランザクションの処理時間は4秒に近いため、XRPを追加すると、これらのユースケースの進化が可能になります。

これにより、Wirexを介してサービスを利用する他の人たちに資金を迅速に移転することが可能になります。

さらに、ワイレックスは、従来の銀行システムにアクセスできないアンバンクドンまたは貧弱な個人をターゲットにしています。

Wirexアプリでは、ユーザーは、オンラインでのUSD支払いにも仮想カードを使用できます。

専門家は、これが採用を促進するかもしれないと述べています。

マーケットアナリストのIairus Germund氏は次のように述べています。

「ビットコイン、ライトコイン、およびイーサリアムは、受け入れられる程度で普及していますが、XRPに対する多くの噂や告発が、ベンダーには悪い評価を与えています。

その高速取引は販売時点での支払いには完璧であるが、Wirexのような第三者サービスはXRPの主流への採用には最適だろう。」

これは、世界的な支払いのためのXRPの受け入れにおける大きな一歩かもしれません。

こちらの記事もオススメです^_^

リップル公式のQ2レポートと仮想通貨市場とXRP

2018.07.26

サムスンが一部の国で支払い手段としてリップルの仮想通貨XRPを受け入れる!

2018.07.22