リップルの仮想通貨、XRPが証券と裁定されるとは思えない2つの理由とは?

数日前にSECがイーサリアムを有価証券ではないと裁定しました。

 リップル(XRP)も分散化

SECのコーポレート・ファイナンス部門のディレクター、ウィリアム・ヒンマンは、次のように述べています。

「今日のインターネットの動向について考えると、少なくとも、証券化を特徴付ける非分散型のタイプではなく、分散化したネットワークがあることがわかります。現在の状態では、それを規制する価値は見られない」

SECの役人によるこの声明は、連邦機関がXRPについて強気だ、という考えが出来る1つの理由です。

XRPは純粋に分散化されており、リップルの親会社とは別のエンティティです。

連邦準備理事会(FRB )がXRPについて強気な理由を与えていると言えるもう一つのケースは

リップルの最高経営責任者の1人が連邦準備制度理事会のタスクフォース運営委員会に選出されたことです。

ザゴネは、ワーキンググループの多数のステークホルダーを代表する16人の委員会に加わります。

それらを代表する運営委員会は、より速く、ユビキタスで、広く包括的で、安全で、安全であるという米国の決済システムのビジョンを実現する方法を理解する方法についてのガイダンスを提供します。非常に安全で効率的です。

ザゴネは、金融機関、規制当局、中央銀行とのリップルに関する問題に専門知識を貸与することができます。ザゴネは、現在リップルのビジネス開発チームの研究責任者です。

彼は、タスクフォースが米国における支払いのスピード、効率、アクセスおよび競争を向上させる方法を評価するにつれて、リップルのグローバルな経験を活用することを誓いました。

連邦準備制度理事会(FRB)がリップルネットに加わり、他のリップル製品の使用を開始するのは、たぶん時間の問題です。