リップル(XRP)よりもSWIFTのGPI(グローバル決済イノベーション)サービスが劣っている理由

仮想通貨業界で送金サービスのリーダーであるリップルは、競合するSWIFTの改善されたグローバル決済イノベーション(gpi)サービスに関心を示しておらず、時代遅れのアーキテクチャに基づいた単なるわずかなアップデートとしてみているようです。



SWIFTとは

SWIFTはブロックチェーンを使わない送金サービスであり、業界のスタンダードな方法として使用されています。

最近、SWIFTはトランザクションの速度をアップグレードして、トランザクションの50%に対して30分未満に、ほぼすべてのトランザクションで24時間未満にすることができました。

国境を越えた送金のために、そのグローバルネットワークに上場している10,000の銀行にそのgpiを公開する予定です。

リップル社の見解は




6月27日、リップルの合弁事業ディレクターであるEmi Yoshikawa氏はFinTechの優れた機能を持っていると主張し、Swipp(モバイルpayサービス)はリップルのリアルタイムに近い取引決済には至っていないと主張しました。

EmTech Hong KongのYoshikawa氏は言いました。

「Swiftは、40年前または50年前にインターネットが作られる前に建てられました。

だから彼らの建築は非常に古いです。彼らはこれが大きな問題であり、私たちを大きな競争相手だと考えています。

また、Swift gpiという既存のアーキテクチャに基づいて大きな改善を図っています。

私たちは、それを既存のアーキテクチャのわずかな改善とみなしています。」

彼女はさらに、トランザクションの効率と速度の問題は、既存のインフラストラクチャの層全体を変更することによってのみ解決できることを説明しました。

これにより、彼女は業界におけるブロックチェーン技術の本質を暗示しました。

現在、リップルは急速に進歩しているトップ銀行の一部と提携しています。

一方、ブロックチェーンではありませんが、Swiftはその機能と能力を十分に認識しています。

2017年4月にこの技術を使って独自の実験を実施しました。

しかし、ブロックチェーンでサービスを向上出来るとは確信できていないようです。

あなたはリップルとSWIFTはどっちが優れていて、将来どちらのほうが普及していると思いますか?記事をシェアしてあなたの意見を聞かせてください^_^